<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
一年間有難うございました。
2006年も残り少なくなりました。
いつも沢山のコメントを有難うございます。
気まぐれフォト日記も12月で2年になりました。
本館のTEA TIMEは11月で7年です。
こんなに長く続くとは想像しませんでした。
皆様の温かいコメントに支えられ続ける事が出来ました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に有難うございます。
今年も素敵な出会いのあった年でした。
来る年も楽しいPCライフが送れるといいなと思っています。
いろいろお世話になりました。
皆様どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。
来年も宜しくお願い致します。
c0000704_21334861.jpg

今日は10月の陽気だったとか。
庭のバラもまだ綺麗に咲いてくれています。
アブラハム・ダービーです。
by sakura103-y | 2006-12-27 21:36 | 小さな庭から | Comments(50)
横浜山手西洋館世界のクリスマス2006  2006 年12月11日
12月に入り 街中クリスマスのイルミネーションが綺麗ですね。
昨日(12月11日)ブログのお友達と横浜山手西洋館世界のクリスマス2006
行ってきました。
西洋館では、12月1日(金)~12月25日(月) 開館時間は9:30~17:00
それぞれ世界の国々をテーマとしてクリスマスのテーブルコーディネートと
フラワーアレンジメントで、洋館を美しく飾っています。
10時に石川町で待ち合わせ 八館の洋館を三時間近くかかって見て歩きました。
イギリス館以外は靴を脱いで上がります。
西洋館の庭にあるイチョウが黄金色に色づき、とても綺麗でした。
遅い昼食は中華街で食べました。
写真を撮り おしゃべりをし 美味しいものを食べ ブログを通して知り合った
お仲間との楽しい一日でした。
歩き過ぎて 今日はまた踵が痛み出しました(^^ゞ

c0000704_1657521.jpg

c0000704_16585159.jpg

c0000704_1659259.jpg

c0000704_16591453.jpg

c0000704_16592898.jpg

c0000704_16593879.jpg

c0000704_16594711.jpg

c0000704_16595665.jpg

by sakura103-y | 2006-12-12 23:48 | 横浜山手西洋館 | Comments(48)
秩父夜祭 12月3日
京都の祇園祭、岐阜の高山祭と並ぶ日本三大曳山(ひきやま)祭の一つで、
300年以上の歴史を誇る「秩父夜祭」が3日、埼玉県秩父市で開かれました。
c0000704_2445862.jpg

PCボランティアでご一緒のNさんにお誘い戴き、
秩父夜祭に泊りがけで行ってきました。
PC仲間16名 13:45分西武秩父駅に到着 駅前は人 人 人 
身動きがとれないほどです。
迷子になったら大変!なのに改札口を出たら皆さんの姿が見えない。
わぁ~どうしよう 0さんと二人 オロオロ 携帯でやっと連絡がとれ やれやれ
まずはNさん宅へ 
沿道には焼きそば 大判焼き いか焼きなど、
どこまでも続く沢山の露店に(@_@)ビックリ
c0000704_2514519.jpg

Nさん宅ではお心のこもった手料理の数々 
食べきれないほどのご馳走が並びました。
中でも秩父名物の「味噌ポテト」はとても美味しかったです。
じゃがいもをゆで 一口大に切ったものに天ぷらの衣をつけて揚げたものに
甘辛味噌をつけて戴きます
Nさんご夫妻も秩父に帰ると必ず召し上がるそうです。
お腹もいっぱいになり、いよいよ夜祭見物に・・・
極寒の秩父 沢山着込み ホカロンも貼り 用意万端
c0000704_914874.jpg

19:00頃 秩父神社から1Km離れた御旅所に向けて、御神幸行列 
6台の笠鉾 屋台が出発します。
沿道には大祭の3日は日曜日とあって、身動き出来ないほど沢山の観客 
3時間も前から山車の来るのを待っています。
私達もグループごとに行動し、Nさんはご主人と無線を使い、
私達を誘導して下さいました。
そばで見る山車は豪華な彫刻が施され、動く陽明門とも形容されるだけあって
それはそれは見事です。
四つ辻などでの方向転換は、太い2本の柱と台を使い、
テコを利用して山車を方向転換します。
これも見ものの一つです。
c0000704_35415.jpg

山車は笠鉾2台 屋台4台 計6台です。
その中の中近笠鉾 宮地屋台 上町屋台です。
(中町屋台 本町屋台の写真が撮れませんでした)
c0000704_311165.jpg

団子坂を曳き上げられた山車は御旅所に到着。
笠鉾正面の羊山から絶え間なく師走の夜空に花火が打ち上げられ、
お祭はクライマックスに。
秩父神社の女神と武甲山の男神とが年に一度 この一行が到着する頃 
御旅所で出会い、デートを楽しむというロマンスが伝えられているそうです。
c0000704_11284818.jpg

そしてお祭が終わり、日付の変わった午前0時過ぎ、山車はそれぞれの町内に
帰って行きます。
真っ暗な闇の中 遠くのほうから掛け声と太鼓の音が聞こえてきました。
寝ずに待ってNさん宅前で3時すぎ みんなで山車を見送りました。
寒いと言われていましたが、興奮していたのか 着膨れ状態で暑いくらいでした。
素晴らしいお祭にお誘いくださったNさんご夫妻に、感謝 感謝です。
心から御礼申しあげます。
そしてご一緒しました皆様 有難うございました。
by sakura103-y | 2006-12-05 01:37 | おでかけ | Comments(34)